フェイシャルの効果を上げる漢方でインナーケアのすすめ

マキア美ラボ

073-461-5558

〒649-6311 和歌山県和歌山市里87-10

営業時間/10:00〜19:00 
定休日/月曜・第2、4日曜日

フェイシャルの効果を上げる漢方でインナーケアのすすめ

オーナーブログ

2019/02/23 フェイシャルの効果を上げる漢方でインナーケアのすすめ

 

 

フェイシャルの効果を更に上げたい、今のフェイシャルエステに満足できない方などに

漢方でインナーケアをおすすめします。

 

まず、フェイシャルの効果を上げる為に大切なことは血流と抗酸化です。

どんなに高価な化粧品やエステを行っても

血流が悪くては効果は半減します。また、酸化が進んでいてはお肌は整いません。

 

特に血流は顔だけではありませんのでフェイシャルケアでは解決しません。

しっかりインナーケアを行い身体の中から整えましょう。

ちょこっと血管のお話

私たちの身体には直径が2〜3cmもある大動脈から髪の毛よりも細い毛細血管が

全身に網の目のように張り巡らされています。それらの血管の全てを一本に繋ぐと

全長は10万キロメートルにもなると言われています。その10万キロメートルに及ぶ血管の

9割は毛細血管と言われる細い血管なのです。

その細い血管は心臓から送られ、全身隈無く栄養と酸素を届け、老廃物を受け取り心臓に戻すことを

行います。また最近の研究により、臓器同士がメッセージ物質を出し、血管を通じて

送り届けられていることがわかったそうです。いわゆる血管は「情報回路」も担っているのです。

 

ちょこっと漢方のお話

漢方は中医学(中国の伝統医学)に起源をもち、奈良時代に渡来して以来日本人の体質などを取り入れ

ながら発展した日本独自の医学です。

漢方治療は、私たち個人が本来持っている「病気と闘い治す力(自然治癒力)」を高めて

病気や老化に対処することに重点を置きます。

 

そこで漢方は東洋医学により裏付けされた「気」「血」「水」の調和というバランス理論でもあります。

 

漢方の話にもありました「気」「血」「水」の調和が美容にも関係があり

その中でも「血」のトラブルがフェイシャルに悪影響を及ぼします。

例えば代表的なトラブルでは

毛穴の開き、ニキビ、シミ、むくみ、顔の赤み、クマ、などなど・・・のトラブルは

フェイシャルケアだけでは解決しない、又一時的な改善ができても、または繰り返すことが多いです。

 

もし、フェイシャルで効果が上がらないと感じているならば、エステと漢方を取り扱っている

当エステサロン「マキア和漢ビューティラボ」へご相談ください

 

上記で血管のお話で美容にはインナーケアが大切!

また、インナーケアに漢方が有効になることもわかっていただけたでしょうか

 

 

 

 

マキア和漢ビューティラボ
電話番号 073-461-5558
住所 〒649-6311 和歌山県和歌山市里87-10
営業時間 10:00〜19:00
定休日 月曜・第2、4日曜日

TOP