花粉症の肌荒れ対策とおすすめアイテム

マキア美ラボ

073-461-5558

〒649-6311 和歌山県和歌山市里87-10

営業時間/10:00〜19:00 
定休日/月曜・第2、4日曜日

花粉症の肌荒れ対策とおすすめアイテム

オーナーブログ

2019/03/04 花粉症の肌荒れ対策とおすすめアイテム

只今、花粉症肌荒れ警報発令中です。

 

当エステサロンでは、花粉による鼻水、目のかゆみ、肌荒れのご相談が急増しています。

花粉は目、鼻、喉の粘膜から侵入します。マスクやメガネで花粉から守りましょう。

 

花粉症鼻水涙目かゆみ喉にたんが絡むなどでお悩みの方に

水分を取りすぎない

辛味成分を取り(辛味大根、生姜など)尿をだす

甘いものを控える

 

喉のイガイガにハチミツをぬるま湯で緩めゆっくり喉の奥の方に流し込み飲み込む

又プロポリススプレーで喉にシュッシュと吹きかける

 

当サロンで取り扱いのプロポリススプレー 35ml 2,500円税別

 

肌荒れ対策は・・・

花粉による肌あれ対策は、花粉を寄せ付けないことが大切です。

まず、マスクやストールなどを使い肌の露出を避け肌へ付着を防ぎます。

さらに、スキンケアでは抗炎症、抗酸化スキンケアを行います。

当サロンではゲルマニウムスキンケアをおすすめしています。

 

Geプレミアムローション 150ml / 7,400円税別

 

何故、肌荒れが起きるのでしょうか?

花粉が身体に侵入するとパトロール隊の免疫細胞が花粉を関知、排除しようと働きます。

花粉の侵入経路は粘膜です。

鼻に入ればくしゃみと鼻水で、目に入れば涙で、口から入れば痰で絡め排除します。

これが花粉症状態です。

 

このことから、身体の水は花粉対策に使われ、肌の水分は枯渇状態に

水分が失われた肌は乾燥し、バリアゾーンが破壊され肌の環境が悪化します。

肌から刺激物質が入り、炎症を起こします。これが肌荒れの始まりです。

 

ここから考えると、肌荒れ対策には花粉の侵入を許さないことが一番。

次に肌環境を整えるスキンケア、保護のスキンケアに努めなければなりません。

 

身体は花粉を排除するために、副交換神経が働きどんどん水をだし流します。

鼻づまりは副交感神経の働きから血管が拡張し起きています。

鼻炎薬で鼻水、鼻づまりを解消するということは、薬で交感神経に切り替え

血管の収縮を行っているということです。

 

 

 

 

 

 

マキア和漢ビューティラボ
電話番号 073-461-5558
住所 〒649-6311 和歌山県和歌山市里87-10
営業時間 10:00〜19:00
定休日 月曜・第2、4日曜日

TOP