夏こそ体を温めよう!夏バテの原因は暑さだけじゃない!

マキア和漢ビューティラボ

073-461-5558

〒649-6311 和歌山県和歌山市里87-10

営業時間/10:00〜19:00 
定休日/月曜・第2、4日曜日

夏こそ体を温めよう!夏バテの原因は暑さだけじゃない!

オーナーブログ

2019/07/16 夏こそ体を温めよう!夏バテの原因は暑さだけじゃない!

 

梅雨明けも間近、暑い夏がやってきます。

夏の対策として「熱中症対策」が注目を浴び、スーパーやドラッグストアーは

熱中症対策コーナーが設けられています。

 

電車は冷房で冷え冷え、ショッピングセンター、百貨店も・・・

 

公共の場所、不特定多数が集まる場所でのエアコンでの熱中症対策は

必須かもしれませんが

自宅や職場で冷やすことだけで対策をしていると、健康障害をきたす場合があります。
特に、女性は気を付けなければなりません。

女性は男性とは違い冷房のきいた部屋にいると肌寒く感じませんか?

そうした状態を続けていると、自律神経が正常に働かなくなり、本来なら暑い時期になると

私たちの体では副交感神経が働き、血管を拡張させ、体内の熱を外に出そうとします。
ところが冷房で体が冷えると、反対に体温を逃さないように交感神経が働き、血管を収縮させます。

その為、血流が悪化し、冷えなどの症状が起こります。

 

この状態が続くと自律神経がダメージを受け体温調整がうまくできなくなり
体が温まらず、汗が出にくくなり、汗をかかないと乳酸などの疲労物質がたまり

全身のだるさ疲れと夏バテの原因にもなります。

 

そんな夏こそ体を温めることに注視してみましょう

 

1、運動、カラダを温めてくれる四つの筋肉

「お腹」「太もも表」「お尻」「太もも裏」

ヒトの体温のうち約40%は筋肉が生み出す熱によるもの。さらに、そのうち60%は下半身の大きな筋肉よって作り出されるという。

ですから、下半身の運動を日頃から取り入れることがとても重要です。

お尻の筋肉は年齢によって衰えてくるので

しっかり鍛えましょう。

2、食事、内臓からカラダを温める温活食は腹6分目

口から入れた食べ物を消化吸収して熱エネルギーを生み出す。

また食べ方のコツは腹6分目。

食べ過ぎると血液が胃腸に集中してしまうので、他の臓器や筋肉に血液が行き届かず

体温が上がってしまいます。

 

3、温熱、当サロン人気のリンパ温熱は冷え、血流不全からおこる

浮腫み、冷え、痛み、又はくすみや色素沈着がある方は運動、食事に加え

専門的な対策で、巡りが悪くなっているところを集中的にケアします。

 

夏の冷房の落とし穴にはまらないように、夏こそ体温調整を心がけましょう。

スペシャルボディを手に入れる為にも大切なことです。

 

マキア和漢ビューティラボ
電話番号 073-461-5558
住所 〒649-6311 和歌山県和歌山市里87-10
営業時間 10:00〜19:00
定休日 月曜・第2、4日曜日

TOP